購入者から初期不良商品の交換依頼。Amazon FBA倉庫は対応してくれる?




この記事を読むのに必要な時間は・・
3 26 秒です。


購入者から初期不良商品の交換依頼。Amazon FBA倉庫は対応してくれる?

 

 

はいさい!

今年初の台風来沖(?!)に
心躍る沖縄セドリスタ REDです。

 

沖縄の方は台風が向かってくると
なぜかワクワクしています(笑)

 

そんな中、商品の購入者様から
お問い合わせがありました・・。

 

 

 

1:購入者からの突然のメッセージ

つい先日、かなりひさびさに
ご購入者の方から
お問い合わせをいただきました。

 

 

ちょっと高めの扇風機だったんですが、

・羽が欠けている
・ボタン部分が変形している
・メーカーに連絡したら、
購入時のトラブルは販売店で対応

とのコトで交換対応をご希望でした。

 

 

「新品商品で羽が欠けてて
ボタン部分が変形ってどういうコト?」
とも思いましたが、

 

AmazonのFBA倉庫に
在庫が残っていたので

その在庫から交換対応しようと
考えました。

 

 

 

2:そこで出てきた一つの疑問

で、その時に出てきた一つの疑問。

 

「あれ・・?
Amazon FBA
倉庫にある商品を
どうやって交換するんだ?」

 

「セラーセントラルに
【交換を指示する】といったような
タブを見た記憶がないな・・」

 

「あれ・・?あれれ・・??」

 

 

 

3:Amazonテクニカルサポートに電話

「わからなければ聞くのが早い!」
というワケで、

 

早速テクサポに
「交換したいんだけどどうしたらいい?」
と聞いてみました。

 

その回答がこちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ご担当者様

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき、ありがとうございます。
このたびは当サイトのご利用に際し、ご不便をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
お問い合わせいただきました、返品についてご案内いたします。

注文番号:———–

大変恐れ入りますが、FBAでは交換対応が致しかねます。
ご面倒をお掛けいたしますが、返品していただき、注文しなおして頂く必要がございますのでよろしくお願いします。

お手数をおかけしますが、出品者様にて購入者様へ下記内容をお伝えになり、
カスタマーサービスへご誘導いただけますようお願い申し上げます。
==============
フリーダイヤル:0120-999-373
「2」を押すと、カスタマーサービス窓口につながります。
カスタマーサービス営業時間:24時間(年中無休)
==============

ご案内は以上でございますがご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。
今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazonテクニカルサポート

 

 

結果、Amazon FBA倉庫では
初期不良商品の交換対応を
受け付けてはくれませんでした。

 

 

言われてみれば確かにそうですよね。

 

今回のようなケースを
一つ一つ対応していたら

AmazonのFBA倉庫がパニックを
起こしてしまいますからね。

※Amazon本体での注文商品については
交換対応を受け付けております。

 

 

 

4:その後の対応

引用文にも書いてありますが、
その後の手順について
詳しくは以下の通りです。

 

お客様に直接カスタマーサービスに
連絡してもらう

⇒ 商品の返品処理をしてもらい、
返送&返金

⇒ お客様には改めて
商品を購入していただく

 

 

こんな感じ。

その後は返送された商品を手元に戻して
状態を確認して判断するという流れになります。

 

 

物販ビジネスをやっていると、
今回のような一件やクレームなどについての
対応を迫られる場合があります。

 

 

ぜひ、お客様の立場にたって考え、
行動していきたいですね。

 

 

 

あっ、ちなみになんだけど、
【SMARTalk】ってご存知かな?

 

これがあれば、着信があった瞬間に
Amazonのご購入者様からの電話
だとすぐに判断できるようになりますよ♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

通話料がお得になるIP電話とは?【沖縄セドリスタがオススメするIP電話アプリ「SMARTalk」】




ところで話は変わりますが、


あなたは

情報発信

に興味はありますか??





今やせどりから情報発信は

【王道】ともいえる流れです。

これから先、いつまでも

せどりだけで稼いでいくつもりですか?



「物販が好き!物販だけがしたい!」

という物好きな方であれば

見る必要はありませんが、



「せどりだけでは資金繰りが辛い!」

「新たな収入の柱が欲しい!」

という方はぜひ、

下記をご覧ください。


私と同じ沖縄出身の方が

【せどり⇒情報発信】の道筋を

教えてくれています。

sedori
Sponsored Link







サブコンテンツ

このページの先頭へ