せどり「チーム」の意義と形態。加入するコトの3つのメリット。




この記事を読むのに必要な時間は・・
3 58 秒です。


せどり「チーム」の意義と形態。加入するコトの3つのメリット。

 

はいさい!
こんにちは、REDです。

 

 

突然ですが、
あなたは「チーム」に
加入していますか?

 

 

 

 

私はいくつかのせどりチームや
情報発信のチームに参加、
運営しています。

 

 

今回の記事では
チームの意義・形態・目的について、
私の考察を述べていきます。

 

 

 

なぜ、チームを作るの?

そもそもなぜせどりや情報発信の
チームを作るんでしょうか?

 

様々な理由があるとは思いますが、
私がチームを発足する際に
一番意識しているコトがあります。

 

 

それは「ネットワークの構築」です。

 

 

せどりばっかりをしていると
どうしても一人、孤独な作業になりがち。

 

 

一人だけで孤独にモチベーションを
高く維持するのって

とてもじゃないけど
継続できる人ってなかなかいないでしょう。

 

 

 

でも、チームに参加するコトで、
同じ志を持った仲間の輪の中に入るコトで、

切磋琢磨して高いモチベーションを
維持するコトが可能になります。

 

 

チームを作るコトの一番の意義が
ココにあると思っています。

 

 

 

チームってどんな感じ?

あなたが今、加入しているチームは
どんなチームですか?

 

 

無料で集めただけの
コミュニケーションチーム?

それとも仕入れ情報が
飛び交うような有料チーム?

はたまた教材購入後のサポートチーム?

 

 

 

 

今や世の中の多くの情報発信者が
チームを運営しておりますが、

その形態は・・

・LINE
・チャットワーク
・カカオ
・skype

などなど、様々あります。

 

 

 

 

ちなみになんですが、
私がチームを始めた最初の頃は
チャットワークを利用して
チーム運営をしていました。

 

 

 

チャットワーク・・。

運営の立場からすると
いいんですよねー。

 

 

 

「既読」
つかないから(笑)

 

 

お問い合わせがあっても
既読表示がないから、

慌てて回答する必要が
ありませんからね。

 

 

 

ただ、内心そんなコトを
思っていたからなのかは知りませんが、

全然盛り上がらない!

 

 

というワケでメインのチームを
チャットワークから
LINEに移行させました。

 

 

 

LINEは使い慣れている方が多いし、
スタンプ機能もあるので
話の輪の中に入りやすいんですよね。

 

 

 

移行してからは
良い感じに盛り上がっているので、

自身の作戦は成功したと
いえるでしょう。

 

 

 

気になるお問い合わせに対する
回答のスピードについても

「既読がつく」
というプレッシャーから(?)
かなり速くなりました(笑)

 

 

慣れたらレスを書くのも
全然苦ではないですし、

むしろ回答の速さに喜んでくれる
メンバーの方がいらっしゃるので、

そういった意味でもLINEに移行して
正解だったなと感じています。

 

 

 

チームに加入するコトの3つのメリット

チームに加入するコトで
もたらされるメリットが
大きく捉えて3つあると考えます。

 

1−同志ができる

同じ志を持った仲間ができるので、
自身のモチベーションを高い状態で
維持するコトができます。

意気投合できる仲間が見つかれば、
【仕事のパートナー】
なるコトだってありえます。

 

2−有益情報が共有できる

仕入れ情報などはもちろんのコト、
アカウントに関する注意喚起などの
重要情報を共有するコトが可能になります。

 

3−とにかく楽しい!

活発なチームに所属していると、
日々、いろいろなやりとりを
見るコトができます。

意外に思うかもしれませんが、
そういったやりとりを見ているだけでも
楽しくなって「がんばろう!」
という気持ちになれます♪

 

 

 

 

チームの意義、形態や目的には
いろいろあると思いますが、

ご自身が加入しているチームについて
一度考えてみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

そういえば!

つい最近、愛用のKDC200iの調子が
おかしくなってしまいました・・。

 

ビームが「点」になるんですよね・・。

→ せどり 必須ツールのKDC!リーダーのビームが点になる?解決策は?




ところで話は変わりますが、


あなたは

情報発信

に興味はありますか??





今やせどりから情報発信は

【王道】ともいえる流れです。

これから先、いつまでも

せどりだけで稼いでいくつもりですか?



「物販が好き!物販だけがしたい!」

という物好きな方であれば

見る必要はありませんが、



「せどりだけでは資金繰りが辛い!」

「新たな収入の柱が欲しい!」

という方はぜひ、

下記をご覧ください。


私と同じ沖縄出身の方が

【せどり⇒情報発信】の道筋を

教えてくれています。

sedori
Sponsored Link







サブコンテンツ

このページの先頭へ