WordPress 賢威に「前の記事へ・次の記事へ」を追加するには?

スポンサードリンク



この記事を読むのに必要な時間は・・
3 7 秒です。


賢威を1年以上使っていて、

「前後の記事に移るための
リンクが無いじゃないかっ!」

って最近になって気付きました。

 

 

ホームページのようなサイトであれば
「前の記事へ・次の記事へ」は
不要だと思いますが、

記事を頻繁に更新するような
サイトであれば
「あった方がいいでしょ!」
と感じたので、

今回の記事では賢威テンプレートに
「前の記事へ・次の記事へ」を
追加する方法を解説していきます。

1-「single.php」をカスタマイズ

single.phpを書き変えるコトで
カスタマイズできます。

 

(1)single.phpを開く

ブログのダッシュボードの
「外観」
→ 「テーマの編集」
→ 「個別投稿(single.php)」
を選択。

 

(2)コードを挿入

「前の記事へ」
<?php previous_post_link(); ?>
「次の記事へ」
<?php next_post_link(); ?>

 

この2つのコードを
single.phpに書き込むコトで
「前の記事へ・次の記事へ」が
表示されるんですが、

さてさて
ドコに書き込んだらいいんでしょう?

 

 

ネットで調べてみたトコロ、

<?php get_template_part(‘social-button’); ?>

↑このコードのすぐ下に
書き込むという風に
書いてありましたが、

私のsingle.phpには
そんな表記はありません。

 

 

実は、すでにsingle.phpを
カスタマイズしていたので、
ソーシャルボタンについてのコードは
過去に削除していたんですよね。

 

というワケでいろいろ調べながら
試行錯誤した結果、
次のような答えに
行き着きました。

 

 

私は「前の記事へ・次の記事へ」を
アドセンス広告の後ろ
関連記事の前
に配置したかったので、

single.phpの次の位置に
書き込みました。

「related posts」というのが

関連記事を表示させるための
プラグインなので、

そのコードの上に書き込むコトで
関連記事の前に
「前の記事へ・次の記事へ」
が配置されました。

 

 

でも・・
コレだとなんか気持ち悪い・・。

 

 

 

2-前後記事移動のコードをカスタマイズ

「なんか気持ち悪い・・」
というコトで

前後記事移動のコードを
次のように書き変えました。

 

「前の記事へ」
<Div Align=”left”>««<?php previous_post_link(); ?></Div>

「次の記事へ」
<Div Align=”right”><?php next_post_link(); ?>»»</Div>

 

このように書き変えると
次のように表示されます。

 

「前の記事」のリンクが
左寄せになって、

「次の記事へ」のリンクが
右寄せになります。

 

最初の時点と比較しても
かなり見やすくなりましたよね?

 

 

 

3-まとめ

1年以上も賢威を使っていて
ホント今さらながらに
気付いたコトだったんですが、

「前の記事へ・次の記事へ」を
追加するためのカスタマイズは
思ったよりも簡単にできました。

 

ブログを見にきてくれる
読者さんのコトを考えても
「前の記事へ・次の記事へ」の
リンクは
あった方がいいでしょう。

 

賢威テンプレートを使用していて、
「前の記事へ・次の記事へが無い!」
ってなったら
ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ブログを見にきてくれる
読者さんのコトを考えた時、

次のようなプラグインを
導入するのもオススメです。
記事を読むための時間を表示させるプラグイン【Insert Estimated Reading Time】




ところで話は変わりますが、


あなたは

情報発信

に興味はありますか??





今やせどりから情報発信は

【王道】ともいえる流れです。

これから先、いつまでも

せどりだけで稼いでいくつもりですか?



「物販が好き!物販だけがしたい!」

という物好きな方であれば

見る必要はありませんが、



「せどりだけでは資金繰りが辛い!」

「新たな収入の柱が欲しい!」

という方はぜひ、

下記をご覧ください。


私と同じ沖縄出身の方が

【せどり⇒情報発信】の道筋を

教えてくれています。

sedori

スポンサードリンク