Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ方法!チャットが超便利!

スポンサードリンク



この記事を読むのに必要な時間は・・
3 40 秒です。


「誰か助けてくださーい!」
って時ありますよね?

 

 

 

この記事を読んでいる方は
Amazonでの商品販売を
行っていると思いますが、

出品登録や梱包・納品、
返品対応などなど、
いろいろな場面に直面していると思います。

 

 

そんな時
「コレ、どうしたらいいの?」
「オネガイ、ダレカタスケテ。」
って思う時ありませんか?

 

そんな時は
アマゾンのテクサポに直接聞いて、
サクッと解決させちゃいましょう。

1-Amazonテクニカルサポートとは?

Amazonテクニカルサポートとは、

Amazonで店舗運営をしていく中で
出てくる問題やトラブルなどに関して、

出品者が解決策や対応方法を知りたい際に
お問い合わせできる

マーケットプレイス出品者専用の窓口です。

 

評価削除などもこのお問い合わせページから
申請するコトになります。

 

 

 

2-テクニカルサポートに問い合わせるには?

テクサポへお問い合わせするには
3つの方法があります。

 

(1)Eメール

テクニカルサポートに
メールでお問い合わせをする方法です。

24時間いつでも受け付けていますので、
対応までに時間的余裕があれば
メールでのお問い合わせでいいでしょう。

 

(2)電話

メールのやりとりが面倒な場合、
急ぎの対応を望む場合は電話での対応を
依頼するといいでしょう。

最初に本人確認で出品者名と
登録銀行口座の下4ケタを聞かれますので
準備しておきましょう。

午前9時から午後9時まで受け付けています。

 

(3)チャット

「電話でのやりとりが面倒・・」
という方にオススメなのが
チャットでの問い合わせ。

文字のやりとりだけで完結しますので
非常に便利です。

 

 

 

3-テクニカルサポートへのお問い合わせ手順

テクサポへはセラーの管理画面から
お問い合わせができます。

 

セラー管理画面を開いたら、
画面下の方に移動して、

「サポートを受ける」をクリックします。

 

すると画面右側から
ウィンドウが表示されるので、

下の方にある「お問い合わせ」をクリック。

 

 

下記画像のような表示がでてくるので、
お問い合わせ内容に沿った項目を選択します。

 

その後はメールか・・

 

電話か・・

 

チャットでお問い合わせをします。

 

 

 

4-セラーアプリからの問い合わせ方法

セラーアプリからもお問い合わせは可能です。

やり方はPCとほとんど同じなので
画像でサクサク解説します。

 

左上の「≡」をタップ。

 

 

「出品者サポートにお問い合わせください」
をタップ。

 

 

お問い合わせの内容にあった項目を選択。

 

 

メールか・・

 

 

電話での対応を選択します。

※電話番号の1ケタ目は無しで。

 

これだけの手順でアマゾンのテクサポに
お問い合わせできますので
積極的に活用していくといいでしょう。

※セラーアプリからは
チャットでのお問い合わせはありません。

 

 

 

5-実は超便利なチャットサポート

個人的にオススメなのが
チャットでのお問い合わせ。

 

その理由がコレ。

 

 

深夜に急ぎで知りたいコトがあって
テクサポに連絡入れようと思ったんです。

 

「メールでは対応が遅い。
電話は受け付け時間外。
さて、どうしたものか?」

と思っていた時に
【チャット】が目に留まりました。

 

「深夜だけどイケるか・・?」
って半信半疑でクリックしたら

なんと接続が始まって
担当者の方から返信があるじゃないですか!

 

ホント驚きました!

 

アマゾンテクニカルサポートのみなさま、
本当にありがとうございます。

 

そして、
遅くまで本当にお疲れ様です(汗)

 

 

 

6-まとめ

最後にAmazonのテクニカルサポートへの
お問い合わせについてまとめると、

対応までに時間的余裕が
ある場合はメール

 

急ぎの対応が必要な場合は
チャット or 電話

お問い合わせ受け付け・・
時間内だったら電話
時間外だったらチャット

 

といった感じで使い分けるといいですね。

 

 




ところで話は変わりますが、


あなたは

情報発信

に興味はありますか??





今やせどりから情報発信は

【王道】ともいえる流れです。

これから先、いつまでも

せどりだけで稼いでいくつもりですか?



「物販が好き!物販だけがしたい!」

という物好きな方であれば

見る必要はありませんが、



「せどりだけでは資金繰りが辛い!」

「新たな収入の柱が欲しい!」

という方はぜひ、

下記をご覧ください。


私と同じ沖縄出身の方が

【せどり⇒情報発信】の道筋を

教えてくれています。

sedori

スポンサードリンク