中古はコンディション選択がムズカシイ?

ゲームせどり 電脳せどり 沖縄 せどり

スポンサードリンク



この記事を読むのに必要な時間は・・
2 6 秒です。


ゲームせどり 電脳せどり

ゲームせどり 電脳せどり

 

モノレートの見方に慣れてくると、

こういった見方をするコトでさらに仕入れの幅が広がりますね♪

http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=10050&issuer_id=25

 

 

 

はいさい!

今日の沖縄も良い天気♪

REDです。

 

 

 

今日は

「出品時のコンディション選択」

についてのお話です。

 

 

 

結論からいうと私は「中古-良い」を選択するコトが多いです。

 

というか、中古で出品している商品の

【95%】ぐらいが「中古-良い」です。

 

 

 

トリセツとかケースが欠品している場合に

「中古-可」を選択しますが、

それ以外は基本的に「中古-良い」です。

 

 

 

 

その理由としては多くの商品を取り扱う中で、

一つ一つ丁寧に細かく検品していては

時間がいくらあっても足りません。

 

 

 

なので、

 

「欠品がある!」

中古-可

 

 

「欠品はない!」

中古-良い

 

 

という風に効率を考えて、

判断の基準を単純にしています。

 

 

 

効率を考えているので、

私は基本、画像の掲載もやっていません。

 

 

 

 

では、

「中古-非常に良い」と「中古-ほぼ新」は使わないの?

って思うかもしれませんが、

これらコンディションを選択する時もあります。

 

 

このようなコンディションを選択する時というのは、

【確実に利益を確保したい時】です。

 

「商品の状態が良いので、しっかりと利益を確保したい!」

そう判断した時に

 

「中古-非常に良い」「中古-ほぼ新」

のコンディションを選択します。

 

 

この時は画像も掲載して

お客様がわかりやすいように丁寧に説明します。

 

 

 

ちなみに商品出品のガイドラインはコチラです。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085248

ブックマークしておけばいつでも確認できるので便利ですね^^

 

 

 

コンディション説明文に迷った時は

コチラからご相談ください♪

https://line.me/R/ti/p/%40jst1989h






期間限定!

LINE@登録で
【フリマウォッチ自動登録ツール】
をプレゼント



いますぐチェックです!

↓ ↓ ↓

sedori

スポンサードリンク