【せどり 副業】12万の低収入でもせどりはできる! ~低収入の人がせどるための2つのポイントと1つの工夫~

スポンサードリンク



この記事を読むのに必要な時間は・・
3 6 秒です。


【せどり 副業】12万の低収入でもせどりはできる! ~低収入の人がせどるための2つのポイントと1つの工夫~


はいさい!

 

今日は低収入の方でもできるせどりの2つのポイントと1つの工夫についてご説明致します!

 

ご説明する前に確認して頂きたいのが私のプロフです。

こちらをご覧頂けましたら、私の収入が恐ろしいほど低いコトがわかると思います。

まだ見たコトない方はコチラから→REDのプロフィール

 

このような低所得の私でもせどりを始めて2ヶ月で月商20万をあげるコトができたのですから、この記事をご覧のあなたでもきっとせどりはできるハズです!

諦めずに挑戦してみてくださいね!

 

というワケで、早速、資金が少なくてもできるセドリスタイルについての2つのポイント1つの工夫についてご説明致します。

 

その1-少額の利益でもいいので、商品を仕入れて売るコトを覚える。
いきなり大きな仕入れをして、ガッツリ儲けるなんてコトは考えないでください。

そのようなコトはなかなかできませんし、そんな考えだと危険すぎます。

まずは「商品を仕入れて売り切る、商品を仕入れて売り切る」という作業を繰り返して、どういった商品が売れるのか、どんな風にして売れていくのかを自身で経験して学んでください。

 

その2-仕入れ可能な店舗を探す
最初のうちは少なくとも5店舗以上で、最終的な理想は10店舗以上

経験を積んである程度の流れが掴めてくると「仕入れられない!」という状況に直面します。

月商を伸ばすためにも仕入れができる店舗を見つけるコトは絶対に外せない要素の一つです。

 

ここからは私が実際に行っている仕入れに関しての工夫をご説明致します。

これなら仕入れ資金が少ない方でも安定した仕入れ・販売ができると思います。

 

まず月に仕入れ資金として使う金額を決めます。

私がせどりを始めた頃に設定していた月の仕入れ資金はたった2万円です。

しかも現金2万ではなく現金1万・クレカ1万です。

 

私が使用しているクレカは月末締めの翌月27日払いです。

実はコレが今日の記事「少額資金でもせどりが可能になる」という最大のポイントです。

 

1月に仕入れを行ったとして例をあげておきます。

1月にクレカを使用して仕入れたとしたら支払いは2/27

つまり2/1から支払いまでの間に1万円の利益を出せばいいだけの話。

仮に1万円の売り上げを残すコトができなかった場合、2月の現金での仕入れを諦めて、支払いにまわせばOKってコト!

念のため、画像を差し込んでおきます。

支払例

クレカ支払いの分の利益が出せなかった時の例として「現金1万の仕入れを諦める」と説明しましたが、ぶっちゃけた話、1万ぐらいならどうにかなりそうな気もしません?

飲み会を一回ガマンするとか、自身の趣味に使っていたものをガマンして支払いにまわすとかして。

正直な話、この策については最悪の場合の対処方法となりますが、仕入れの際にモノレートの情報をしっかり確認して仕入れていれば、支払い分の資金がショートするなんてコトはまずありえません。

ポイントは回転率の高い商品を仕入れて資金を回転させるってコトですね。

 

いかがだったでしょうか?

今回の記事はせどりを始めたばかりでほとんど資金がないという方のための工夫です。

ある程度余裕ができてきたら、

現金1万・クレカ1万
→現金1万・クレカ2万
→現金2万、クレカ3万

と仕入れ資金のバランスを調整していったらいいと思います。

ある程度の経験を積んでしまえば、クレカの支払いまでに売れる商品というものがわかってくるので、そういった商品を仕入れて売り切るコトを続けていれば現金で仕入れる必要もなくなると思います。

ただ、現金での仕入れも並行して行っていれば、何か予期せぬコトがあっても支払い資金がショートするなんて可能性は低くなると思います。

そういった安全策を講じておくってのもせどりを継続させていくうえで大事なコトなのかなって思います。

 

あっ、そーそー、ちなみになんですが。
モノレートの見方について書いた記事がこちらです。
ご参考までにどうぞ♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

初心者がモノレートを見る時に押さえておくべき3つのポイント ~折れ線グラフ・最安値平均・出品者数~




ところで話は変わりますが、


あなたは

情報発信

に興味はありますか??





今やせどりから情報発信は

【王道】ともいえる流れです。

これから先、いつまでも

せどりだけで稼いでいくつもりですか?



「物販が好き!物販だけがしたい!」

という物好きな方であれば

見る必要はありませんが、



「せどりだけでは資金繰りが辛い!」

「新たな収入の柱が欲しい!」

という方はぜひ、

下記をご覧ください。


私と同じ沖縄出身の方が

【せどり⇒情報発信】の道筋を

教えてくれています。

sedori

スポンサードリンク


この記事が参考になったらボタンをポチッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA