せどり 仕入れの際の価格差の目安!基準に込めた2つのポイント!




 

 

今すぐチェック!
↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑
今すぐチェック

 

 

せどり 仕入れの際の価格差の目安!基準に込めた2つのポイント!

 

 

 

はいさーい!

 

沖縄セドリスタREDです!(`・ω・´)

 

【オークションブログランキング 現在4位】
こちらからポチポチ応援よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

 

 

 

今回の記事では、私が仕入れの際に目安にしている【見込み利益の基準】についてお話致します( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

 

私が商品を仕入れる際、1つの商品で【見込み利益基準 ¥1,000】を目安としています。

 

 

【見込み利益基準 ¥1,000】として自身の中で設定しているのには2つの理由があります。

 

 

その1→自身の行動の対価として、¥1,000以上欲しいから

わざわざ仕入れに出ているのに、数千円支払って数百円の利益では作業の対価としてはあまりにも低過ぎるように思います。

そのため、自身のモチベーションを維持するためにも¥1,000以上の利益を求めています。

 

 

 

その2→値下げ競争に巻き込まれても耐えれるようにしたいから

ここ最近は出品価格を最安値に設定するコトは減ってきましたが、せどりを始めたばかりの頃はほとんど最安値で出品していました。

というのも手持ちの資金が少なかったので、資金を回転させるために最安値に設定していました。

ただ・・最安値にしているとよくあるんですよね、値下げ競争に巻き込まれるコトが・・。

 

私は赤字になるのがぜっっったいにイヤなので、値下げ競争に巻き込まれても耐えられるようにこのぐらいの仕入れ基準を設けています。

その基準がこの【見込み利益基準 ¥1,000】なんです。

 

ちなみにこれまでに赤字になった商品は1つだけで、その商品というのは初めての予約転売で色々とミスった商品です・・。

また、その商品の赤字額は−¥41でした。

いつまでも完全黒字経営はできないかもしれませんが、可能な限り黒字経営でいきたいですもんね(^^;;

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

最後にまとめると、

仕入れの際に自身の中で明確な基準を設けて、その基準に従って仕入れを進めていきましょう!

ってコト。

 

 

 

明確な基準さえ持っていれば、基本あとは【仕入れOK!】【仕入れNO!】かの二択ですからね(*^^*)

 

 

 

 

あっ・・【見込み利益基準 ¥1,000】に設定するコトの弊害仕入れの際の例外パターンもありますが、それに関してはまた別の記事で・・。

 

 

《競争がない全員勝ち組のビジネス》

・利益率が高い
・ライバルがいない
・競争しなくていい
・飽和せず稼ぎ続けられる

物販ビジネスの常識を全部覆し
全員が勝ち組の物販ノウハウ

全くのせどり未経験者でも

Amazon・中国輸入・ヤフオク・メルカリで
全然稼げなくなった人も

1日3時間で誰でもサクッと日給5万円稼げます。

 

今だけ期間限定動画で無料公開中。

↓ ↓ ↓

今すぐ無料で見る

 

 



この記事が参考になったらボタンをポチッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA