Amazon 家電せどり PSEマークについて【Amazonからの恐怖のメール】~後編~





この記事を読むのに必要な時間は・・
3 26 秒です。


Amazon 家電せどり PSEマークについて【Amazonからの恐怖のメール】~後編~

 

 

 

はいさーい!

 

沖縄セドリスタREDです!(`・ω・´)

 


【せどり人気ブログランキング】

こちらからポチポチ応援よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

前回記事の続き!

 

前回記事をご覧になっていない方はまずコチラから。

 

前回の記事の最後を少しお話しますと、

経産省のリンク先を見ても意味分かんないよー!

出品してる商品に問題があれば教えてよー!

って感じで助けを求めてみたんですよね。

 

んで、Amazonからの返答がこちら。
※長いので一部省略
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

お問い合わせいただきました電気用品安全法についてご案内いたします。

該当する商品はPSEマークや届け出が確認されない為、商品データが削除されております。
該当商品に関しましては継続しての販売を希望される場合には商品のPSEマークを取得して頂き別商品として改めて出品して頂ければと存じます
商品の出品を希望されない場合は在庫管理画面から商品と出品を削除をクリックして削除して頂ければと存じます。

また、お取扱い頂いております商品の中に経済産業省が指定する商品が含まれる場合はPSEマークを取得しているかご確認頂ければと存じます。

詳しくは、経済産業省の資料をご確認ください

大変恐縮ではございますが、電気用品安全法は国で定めておりますので、経済産業省や仕入れ先のメーカーにご確認頂ければと存じます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

簡単に言うと、

 

自分で調べろや!

 

はい・・ごもっともです・・(´・ω・`)

 

 

 

 

んで、調べてみたんですよね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電気用品=コンセントから電気を通すような商品に関しては、PSEマーク取得が必須

 

 

 

 

・・えっ?

 

これ、自分で取得する必要あるん??

 

というワケで、PSEマーク取得のための手順と金額を調べてはみたんですが、めちゃくちゃ面倒だし、めちゃくちゃ金かかるやん・・。

 

マジかぁ・・どうすればいいんだ・・ってかみんなどうしてんだよ・・。

 

なんて悩んでいると、あるブロガーさんの記事の中に

「PSEマークについて、国内販売品についてはほぼほぼ問題ないだろう」

とのコト。

 

どういうコトかと言うと、国内で販売されている商品については基本PSEマークがついているんですよね。

 

 

だからAmazonからご連絡頂いた

経済産業省や仕入れ先のメーカーにご確認頂ければと存じます。

について、国内販売品の家電仕入れであれば確認するまでもなくPSEマークはついているんですよね。

 

実際、自宅にある電化製品を片っ端からチェックしてみたら、あれにもこれにもPSEマークがついていました(^-^;

 

 

 

ただし!

 

輸入家電やかなり昔の電化製品にはついてない場合があるようなので、その場合は自身でPSEマークを取得しないといけないみたいですね(´・ω・`)

 

まぁ、ネットの噂ではグレーゾーンで見逃されているとも言っていましたが。

 

ちなみに私が引っかかった商品はフリマアプリで仕入れた商品でした・・。

 

 

 

はぁー良かった!

ぶっちゃけせどりを続けられなくなると思ってました(・_・;)

 

っしゃー!!!

これからも頑張って稼ぐぞー!!!!!

※記事の内容に誤りがある場合はご指摘頂けますと幸いですm(__)m

 

 

・・けど、ガチでアカウント停止になったりしたらどうしたらいいんだろ・・??

 

 

 

 

 

 

そういえば先着2名でご案内していたこちらのサポート、あと1名の空きがございます。

サポートをご希望の方はお早めにご連絡下さい(‘◇’)ゞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先着2名様限定!迷っている時間はない!?

スポンサードリンク


この記事が参考になったらボタンをポチッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA