せどり やるべき失敗と避けるべき失敗【成功の近道は失敗を重ねるコト】





この記事を読むのに必要な時間は・・
2 5 秒です。


せどり やるべき失敗と避けるべき失敗【成功の近道は失敗を重ねるコト】

はいさーい!

沖縄セドリスタREDです!(`・ω・´)

 

【人気ブログランキング】
こちらからポチポチ応援よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

今回の記事では【せどりにおける失敗】についてお話致します(‘◇’)ゞ

 

 

 

1:せどりでいう【失敗】とは?

せどりでいう【失敗】ってどんなものがあるだろうか?

全然売れなくて資金をストップさせるような商品を仕入れてしまったという失敗。

赤字・損切りで商品を販売したという失敗。

検品が甘くてお客様が不備に気付いてしまったという失敗。

私の過去の失敗を思い出してみても、一瞬でこれだけ出てきました(゜-゜)

 

 

 

2:せどりのやるべき失敗とは?

それでは、せどりでやるべき失敗ってなんだろう?

それは限界ギリギリまでの失敗です。

つまり・・

アカウント停止にならないのであれば、
様々なコトに挑戦してたくさん失敗しろっ!

ってコト。

 

失敗を恐れて行動しないのでは、いつまでたっても自身の経験とするコトはできません。

 

 

失敗してもリカバリーすればいいし、
リカバリーしようと行動するコトであなたの経験となり知識となります。

 

 

 

3:せどりの避けるべき失敗とは?

せどりで避けるべき失敗っていうのは、先ほども述べましたが

アカウント停止になってしまうような失敗

です。

 

では、どのような時にアカウント停止になるのか?

出品者パフォーマンスが著しく低かったり、
Amazonマーケットプレイスの規約が守られていなかったりした時に
アカウント停止をくらってしまいます。

 

アカウント停止になってしまったらリカバリーのやりようがありませんから、

出品者パフォーマンスを意識しつつ、マケプレ出品者の規約をしっかりと順守して、

健全な店舗運営を心掛けていきましょう!(*^_^*)

 

 

 

4:やるべき失敗と避けるべき失敗 まとめ

最後にせどりでやるべき失敗と避けるべき失敗をまとめると、

新しいコトを恐れずに積極的に挑戦しましょう!

トラブってもしっかりとリカバリーできればなんの問題もありません!

ってコト!

 

 

 

 

あっ、ちなみに以前の記事で【☆3つの低評価の削除方法】についても書いているけど、
そちらはもう読んでくれてるかな??

まだの方はぜひチェックしていただきたい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Amazon低評価の削除方法【アマゾンに星3つの取り消しを依頼してみた!】

スポンサードリンク