せどり初心者がモノレートを見る時に押さえておくべき3つのポイント ~折れ線グラフ・最安値平均・出品者数~

スポンサードリンク



この記事を読むのに必要な時間は・・
3 53 秒です。


【Amazon せどり】初心者がモノレートを見る時に押さえておくべき3つのポイント ~折れ線グラフ・最安値平均・出品者数~


はいさい!

 

今日は初心者がモノレートを見る時に押さえておくべき3つのポイントについてお話致します。

正直、チェックして頂きたいポイントは3つ以外にもいくつかありますが、とりあえずこの3つのポイントさえ押さえていれば、初心者のうちはまず問題ないと思います。

という訳で早速いきましょう!

※今日は実際にスマホ画像を差し込みながら説明していきます。

 

例としてあげるのはコチラの商品。

IMG_9959

こちらの商品は私が実際に仕入れて販売した商品(新品)です。

 

ポイントその1・・・折れ線グラフ

店頭で価格が安くなっている商品を見つけて、バーコードをスキャンしたら、まずモノレートの一番下までいきます。

すると下記のようなグラフが出てきます。

IMG_9958

このグラフの上から順に、価格推移出費者数の増減商品ランキングとなります。

私は一番最初にこのグラフの一番下、商品ランキングをチェックします。

というのも、商品のランキングを見るコトで、商品の売れ行きを確認するコトができるからです。

この商品ランキングのグラフを見たらわかると思いますが、グラフが上部にいくにつれてランキングが下がりグラフが下部にいくにつれてランキングが上がっています。

私たちのようなセドリスタのために言い換えるとするならば、グラフが上昇している時商品が売れずにランキングが下がっており、グラフがガクッと下方に下がっている時商品が売れてランキングが上がっているというコトです。

・・上がってるとか下がってるとかちょっとややこしくなっちゃいましたね(^-^;

 

簡単に言いましょう!

 

グラフがガクンと下に折れている時に商品が売れています!(←最初からそう言えって・・)

下記画像の矢印のところですね。

IMG_9958-2

ちなみに、私が販売したのが青い矢印のトコです。

このグラフは3ヶ月グラフで表示してあるので、直近の90日間で14回売れたコトになり、平均して約6日間に1個売れた計算になります。

私の目安としては直近90日間で10回ぐらいグラフが折れていれば仕入れの候補となります。

 

 

ポイントその2・・・最安値平均

もう一度グラフを見直してみてください。

IMG_9958

グラフの一番上が価格推移と説明しましたが、このグラフのすぐ上に「最安値 平均」と書いているのが確認できると思います。

緑の文字が新品の最安値平均オレンジの文字が中古の最安値平均となります。

(このグラフにはありませんが、グレーの文字で書かれたコレクター品の最安値平均もありますが、私はまったく見ていません)

 

この商品場合、新品の最安値平均が17,868円となっており、直近のグラフが15,000円程度で推移しているので、今出品したらこの辺りの価格設定での販売となるコトが予想されます。

ただ、下記の画像のように最高値が23,000円程度(青い矢印)最安値が11,000円程度(赤い矢印)での販売実績もあります。

IMG_9958-2

 

つまり、今後の状況の変化次第では23,000円程度での価格で出品しても、売れる可能性があるというコトです。

※最安値については価格設定の時点でその価格にしなければいいだけの話。15,000円程度でグラフが激しく上下しているのに、わざわざ11,000円程度まで値下げする必要なんてありませんよね(;´∀`)

このグラフから読み取る限り、14,000円~15,000円程度で出品しておけば無難に売れていくような感じですね。

ちなみに私は13,800円で販売しました。

私が判断する際には、この最安値平均の半額程度の店頭価格であれば仕入れの候補としています。

 

ポイントその3-出品者数

では、もう一度グラフを確認してみます。

IMG_9958

真ん中の山のようなグラフが出品者数のグラフとなります。

この商品の新品の出品者数は最大で13名ほど(青い矢印)、少ない時は2名ほど(赤い矢印)なのが確認できます。

IMG_9958-2

先程の予測(約6日間で1個の販売)から仮定すると、90日間あれば13名の出品者は全員が売り切れる可能性があるというコト。

・・なのですが!!!

ここで重要なのはこのグラフが出品数ではなく出品者数というコト。

一人の出品者が複数商品を取り扱っている可能性があるというコトです。

つまり、13名の出品者たちが2個ずつ商品を取り扱っていた場合、すべての商品を売り切るためには単純計算で90日の2倍180日かかってしまう可能性があるというコトです。

180日とかもう半年ですからね(゚Д゚;)

ちなみに私が判断する場合は、20名ぐらいまでは問題ないかなって感じなので、仕入れ候補としてあがってきます。

 

以上、モノレートの情報から仕入れ判断の3つのポイントを挙げましたが、実際にはこれら3つのポイントを総合的に考えて、仕入れるか否かの判断をしています。

一つ一つだけで判断していては不良在庫となってしまう可能性が高いからです。

初心者セドリスタの方は、上記3点を意識して仕入れを行ってみてくださいね!

 

 

初心者の方の「仕入れ判断」については
この記事をしっかり読み込めばOKです。

次は「仕入れる商品」について学んでいきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

せどり 商品在庫の考え方 ~在庫を3パターンに分け、バランスのいい在庫管理~

 

 

せどり初心者のあなたへ

せどり初心者さんを対象に無料
グループサポートを行っております。

 

参加をご希望される方は
下記からLINE@に登録して、

「グループサポートよろしくお願いします!」
とご連絡ください^^

その際に自己紹介や決意の一言も
いただけると嬉しいです♪

 

 

 

ただし、次のような方は
お申し込みをご遠慮ください。

◯「自分さえよければ良い」といった
他者に対して思いやりのない方

◯マナー・ルールがない方

◯「とりあえず参加」という方

 

無料のグループサポートですが、
参加者みんなで

仲良く、楽しく、真剣に
稼いでいきたいと思っています。

 

 

誹謗中傷はもちろん、

自分勝手な態度や発言、
行動される方などは

退会して頂きますので
予めご了承ください。

 

私の気持ちに賛同して頂ける方のみ
お申し込みをお願い致します^^




 

 

沖縄セドリスタのメルマガはこちらから!

南国 沖縄から
店舗・電脳問わず、
せどり情報を発信しています♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



スポンサードリンク


この記事が参考になったらボタンをポチッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA