せどり

ビームせどらー終了のお知らせ?ゆうメール出荷不可で薄利多売は大打撃!?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
この記事の内容はフィクションです。
フィクションというか誤りです。
読み進める場合には、必ず最後までお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なコトなので、もう一度。
この記事の内容はフィクション・・というか誤りです。
読み進める場合には、必ず最後までお読みください。

 

 

 

 

 

記事のスタートはここからです。

↓ ↓ ↓

困ったさん
困ったさん
ゆうメールで発送できない・・だと!?

困ったさん
困ったさん
ゆうメール出せないとか・・本せどらーやめます・・

この記事で学べるコト

・なんでゆうメールはダメなの?
・Amazonの自己発送方法の選択肢は?
・REDはどうする?

RED
RED
いやー・・いつかはこうなると思ったけどさw

 

というワケで今回の記事ではAmazonの出品者出荷(自己発送)の追跡情報必須問題についてお話していこうと思います。

 

 

なんでゆうメール出荷が不可なの?

RED
RED
2022年1月19日以降の自己発送は追跡番号が必須となるためです(泣)

本せどり 古本せどり 中古本せどり セット本 せどり アマ狩り Amazon刈り取り アマゾン刈り取り アマ刈り引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com

出荷通知の送信方法の詳細について

”2,200円以上は追跡情報が必須”って頭にあったけど、”すべてで必須になる”って案内あったっけ?

見落としていたのか全然覚えていないっていう(笑)

※Amazonからの案内は”2,000円未満”ですが、税込みして”2,200円”なので上記のように記載しております。

 

追跡番号必須ってなったらどうなるの?

本せどらーの多くが利用しているであろう【ゆうメール】という発送方法。

しかしながらゆうメールには追跡情報の付与がありませんので、この方法での発送が不可となります。

※特定記録つけれるけど、高くなるので付けない方向でのお話ね(´・ω・)

 

ゆうメールとそれ以外だとどれぐらいちがう?

ざっくりですが、ゆうメール利用者の多くは100円程度でほとんどの本を出荷していると思います。

 

私が・・

250g以内 103円
500g以内 106円
1kg以内 148円

こんな感じなので。

 

それ以外の発送方法、例えばクリックポストの場合は198円です。

取り扱っている本の重量がだいたい500g以内なので、それを基準に考えると92円も差があります。

 

本せどらー、特に薄利多売でガンガン仕入れている本せどらーさんにとってはこの差は超大打撃ですね(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

Amazonの自己発送方法の選択肢は?

RED
RED
本せどらーが使いそうな発送方法とまとめてみました

 

クリックポスト

長さ 14~34cm
9~25cm
厚さ 3cm以内
重量 1kg以内
料金 全国一律 198円
備考 沖縄を発着するクリックポストはすべて船便

 

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/index.html

クリックポスト詳細

 

ゆうパケット

長辺 34cm以内
厚さ 3cm以内
大きさ 三辺すべてで60cm以内
重さ 1kg以内
料金 1cm以内 250円
料金 2cm以内 310円
料金 3cm以内 360円
備考 沖縄を発着するクリックポストはすべて船便

 

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.post.japanpost.jp/service/yu_packet/index.html

ゆうパケット詳細

 

レターパックライト

長辺 34cm
短辺 24.8cm
厚さ 3cm以内
重さ 4kg以内
料金 全国一律 370円
備考 ポスト投函

 

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html

 

レターパックプラス

長辺 34cm
短辺 24.8cm
厚さ 3cmを超えてもOK
重さ 4kg以内
料金 全国一律 520円
備考 対面受け渡し

 

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html

レターパック詳細

 

ネコポス

大きさ(上限) 縦31.2cm以内・横22.8cm以内
大きさ(下限) 縦23cm以上・横11.5cm以上
厚さ 2.5cm以内 ※1
重さ 1Kg以内
料金 人によって異なる ※2
備考 規格内であれば市販の包装資材でもOK
沖縄発着は船便っぽい? ※3

※1:メルカリなどからの場合は厚さ3cm以内
※2:1個当たりの上限額は385円(税込み)
※3:沖縄を発着するネコポスも船便っぽいが航空便だったという情報もあり

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://business.kuronekoyamato.co.jp/service/lineup/nekoposu/

ネコポス詳細

 

宅急便コンパクト

宅急便コンパクト薄型専用BOX 縦24.8cm・横34cm以内
宅急便コンパクト専用BOX 縦20cm・横25cm・高さ5cm
重さ 制限無し
料金 発送先で異なる ※1
梱包資材 専用BOX 70円
備考 集荷や時間指定などのサービスが充実

※1:発送先で異なるが、各種割引活用で大幅値下げも可能

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/compact/
本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/compact/

宅急便コンパクト詳細

 

 

REDはどうするの?

RED
RED
クリックポストかネコポスかはたまた・・

 

最初に思い浮かんだのは・・

クリックポストかなーって思いました。

でも、ネコポスに関してはAmazonがキャンペーンをやっているので、それを活用してもいいのかなって。

本せどり 自己発送 ゆうメール引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com

 

クリックポストが198円なので、ネコポス利用でもいいのかなって思いました。

まぁ、それでもゆうメール106円からだと60円ぐらい高いですが。

 

ただ自分は発送代行を利用しているので、これを機にその代行業者さんをフル活用してしまうのもありかなって思いました(*´ω`*)

 

RED
RED
自宅在庫をすべて送りつけてしまおうかな(笑)

 

 

本せどり戦略としてどうする?

本せどり自体の戦略も見直さないといけません。

送料が1.5倍になるわけですから、今までと同じようにやっていては「欲しいという方のために送り届ける!」ってだけのボランティアになってしまいますからね(´・ω・)

 

でもまぁ前述したように代行業者をフル活用するのが前提にあるので、見直すべきは仕入れ判断ぐらいかなーって。

これまでの利益計算の時ににプラス100円ぐらい上乗せして考えればさほど問題はないかなと。

 

あとは本せどり自体の仕入れ量は減るかもしれませんが、他にも取り組んでいるコトがあるので大ダメージっていうワケでもないかなー?・・みたいな。

 

 

時代の変化に合わせて進化しましょ

というワケでいろいろお話してきましたが、結論としては「時代の変化に合わせて自身も進化していきましょう!」ってコト。

 

Amazon様の規約がどんどん変化していく中でやりにくくなっている一面はありますが、本せどり自体は全然まだまだできますから、自分自身をどんどん成長させていきましょー♪

 

 

 

 

↑ ↑ ↑

フィクション記事はここまで。

 

 

なぜこの記事を公開したのか?

さて。

 

冒頭で

この記事の内容はフィクションです。
フィクションというか誤りです。
読み進める場合には、必ず最後までお読みください。

って言ってるのになぜこのような記事を公開したのかというコトに触れておきます。

 

 

 

今回、Amazonから最初に案内があった時、多くの方が驚いたと思います。

私自身最初は驚きましたが、記事内でも書いてある通り「事前に案内したって言ってるけど、そんなん聞いてないが・・」って思っていたので、半信半疑の状態でした。

 

で、しばらく情報収集をしながら、最終的にテクサポに確認してみたトコロ、次のような回答がありました。

 

本せどり 古本せどり 中古本せどり セット本 せどり アマ狩り Amazon刈り取り アマゾン刈り取り アマ刈りテクサポとのやりとり

 

つまり、

「追跡情報がある配送サービスを選んだ場合、必ず入力してよね」

ってコトです。

 

具体的には・・

日本郵便
クリックポスト・レターパック・ゆうパック・ゆうパケット

ヤマト運輸
ネコポス・宅急便・宅急便コンパクト・ヤマト便

佐川急便
飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便

これらは追跡情報の入力が必須になっています。

(ヤマト便の記載があったけど、なくなったんじゃないのか・・?)

出荷通知の送信方法 詳細

 

なので、ゆうメールでの出荷の場合、税込み2200円未満であればこれまでと同じように出荷出来てなんの問題もないというコト。

 

ただし!

アマ神様が「全出品者、全商品発送する時には追跡情報入力を必須にするね!」って突然いうかもわかりません。

大切なのはそういった状況に陥った時にどう動くかです。

 

悲観的になったトコロで何も解決しません。

「今の自分に何ができる?」を考えて進化していく必要があるのです。

普段から最悪の状況をイメージしながら、自分自身がどう動くかを考えるのも大切です。

 

 

というワケで、今回の記事では「最悪の状況をイメージしてもらうきっかけになれば!」ってコトで公開してみました^^

今後のせどりライフに活かしていただけたら幸いです♪

 

 

P.S.

やるやる詐欺を繰り返して全然ブログを更新していなかったので、週一更新のペースでコツコツと更新していこうと思います(´・ω・)